岩手看護短期大学

教育・研究

沿革・学章について

創立者 岩手女子奨学会 初代理事長 三田俊次郎

創立者 岩手女子奨学会 初代理事長
三田俊次郎

本学の歴史はずっと岩手の医療とともに

岩手の医療・教育への改革

本学の設立母体である学校法人岩手女子奨学会は、岩手の医療・教育の改革をめざし、偉大な足跡を残した三田俊次郎と夫人のてるにより創設された。三田俊次郎は明治維新以降、後進地域に甘んじていた岩手における医療や福祉の遅れを取り戻そうと、病院、医学校、産婆看護婦学校、女学校などを設立した。

1897(明治30年)
私立岩手病院開設、岩手看護婦養成所併設
1900(明治33年)
岩手産婆学校設立
1901(明治34年)
私立岩手医学校設立
1912(明治45年)
私立岩手医学校廃校
1928(昭和3年)
財団法人岩手医学専門学校設立
1948(昭和23年)
岩手医科大学医学部医学科開設
1950(昭和25年)
岩手医科大学理事長に三田俊定就任

女子教育への着実な継承

三田俊次郎は、大正9年に東北高等女学校が廃止されたのを受けて、翌年、盛岡実科高等女学校を創設した。日本婦人の美点を発揮することを主眼に、三田てるを校長に女子教育は進められた。

1921(大正10年)
三田俊次郎が設立者校主となり 岩手公園下の元作人館中学校舎跡に三田てるを校長とする盛岡実科高等女学校創設
1923(大正12年)
盛岡女子技芸学校開設 普通科・高等科・専攻科 各1年で定員150名
1927(昭和2年)
盛岡実科高等女学校を岩手高等女学校と改称 本科の修業年限は4年 定員200名実科は修業年限3年 定員150名
財団法人岩手女子奨学会申請 認可
初代理事長三田俊次郎就任
1941(昭和16年)
「専攻科」併置の認可 修業年限2年 募集定員は40名 高等女学校のうち専攻科併置校は20校であった
1943(昭和18年)
財団法人岩手女子奨学会の第二代理事長三田俊定就任
1944(昭和19年)
盛岡女子技芸学校を廃止
1947(昭和22年)
学制改革により岩手女子中学校設置
1948(昭和23年)
学制改革により岩手高等女学校を廃止
岩手女子高等学校設置 
1951(昭和26年)
学制改革により財団法人岩手女子奨学会は学校法人岩手女子奨学会となる 
1965(昭和40年)
岩手女子高等学校に衛生看護科新設 定員120名
1968(昭和43年)
岩手女子中学校を廃止 
1984(昭和59年)
岩手女子高等学校に衛生看護専攻科新設

看護職者育成への実現

第二代理事長三田俊定の意志を受け継ぎ、第三代理事長三田明子により、東北初の看護短期大学として滝沢村(現滝沢市)に本学が設立された。

1989(平成元年)
12月22日/岩手女子看護短期大学設置認可 
1990(平成2年)
1月31日/本館竣工
4月1日/岩手女子看護短期大学開学 入学定員60名 初代学長小松代融一就任
10月17日/学歌制定
1991(平成3年)
4月30日/学章制定
1993(平成5年)
4月1日/第二代学長矢川寛一就任
9月20日/2号館(体育館・情報科学演習室)竣工
1995(平成7年)
8月23日/テニスコート設備 学内LAN敷設
1996(平成8年)
2月21日/第三代理事長三田明子就任
1997(平成9年)
10月28日/3号館(専攻科棟)竣工
1998(平成10年)
4月1日/専攻科開設 地域看護学専攻定員20名・助産学専攻定員15名。
1999(平成11年)
4月1日/第三代学長小川英行就任
2000(平成12年)
4月1日/岩手看護短期大学に学名変更 男女共学となる
11月11日/開学10周年記念式典挙行
2001(平成13年)
12月22日/第四代理事長澤野桂子就任
2005(平成17年)
4月1日/地域看護学専攻 大学評価・学位授与機構認定 海外看護研修開始
2006(平成18年)
1月31日/4号館(レクチャーホール・e-ライブラリー)竣工
4月1日/助産学専攻 大学評価・学位授与機構認定
2010(平成22年)
5月25日/開学20周年記念式典挙行
2011(平成23年)
3月24日/財団法人短期大学基準協会第三者評価適格認定
2014(平成26年)
4月1日/第四代学長三田光男就任
2015(平成27年)
4月1日/特例適用専攻科認定
2016(平成28年)
4月1日/学校法人岩手女子奨学会より、学校法人岩手医科大学へ設置者変更となる。 学長祖父江憲治就任(岩手医科大学長と併任)

学章

学章

岩手・青森両県の大半を占めた旧南部藩領の藩主が用いた紋章、武田菱を背景に人の心を写すものとして古代鏡を配し、その中に本学英語名の頭文字をおいたものである。

2017年現在、看護学科25回生、専攻科19回生まで卒業、修了生を送り出し、2,445名が県内外で看護師、保健師、助産師として活躍している。