岩手看護短期大学

教育・研究

建学の精神

建学の精神

“人間愛と奉仕の心”

教育理念

  1. 豊かな教養と誠と信とに徹する人格の陶冶
  2. 高度の専門知識と技術の修得
  3. 人類愛に基づいて社会の福祉・保健医療に寄与し得る人材の育成

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

本学は、「人間愛と奉仕の心」という建学の精神のもとに、地域医療に貢献する医療人育成を使命として設立されました。教育理念には、「豊かな教養と誠と信とに徹する人格の陶冶」、「高度の専門的知識と技術の修得」、「人類愛に基づいて社会の福祉・保健医療に寄与し得る人材の育成」が掲げられています。人間尊重の理念に基づく看護に関する高度の知識及び技術を習得し、併せて豊かな教養と人格を有し、広く社会の福祉・保健医療の向上に寄与し得る人材の育成が、本学の目指すところです。
これを達するために求める学生像の要件を各学科毎に作成しています。

看護学科は平成29年度4月1日付で募集停止です。
したがって、看護学科は入学試験を実施しません。

専攻科地域看護学専攻  専攻科助産学専攻

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

誠の精神と人間愛の心は医療職者たるものの原点であり、豊かな教養と円満な人格を具備した人材を涵養します。医学、医療の進歩に対応できるよう高度かつ広範な知識と技術を習得できる教育課程を整備するとともに、優れた指導能力を備え、日々変化するグローバルな社会や地域で、保健、医療、福祉を実践し、奉仕できる力を涵養します。
そのためのカリキュラムの編成の要件を各学科毎に作成しています。

看護学科  専攻科地域看護学専攻  専攻科助産学専攻

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

本学の建学の精神「人間愛と奉仕の心」を深く理解したうえで医療職者として必要な知識・技術・態度を習得し、医療機関や地域社会で活躍できる能力などを身につけ、かつ所定の課程を修めた者に対して学位を授与します。
そのための要件を各学科毎に作成しております。

看護学科  専攻科地域看護学専攻  専攻科助産学専攻