岩手看護短期大学

教育・研究

アドミッションポリシー

本学は、「人間愛と奉仕の心」という建学の精神のもとに、地域医療に貢献する医療人育成を使命として設立されました。教育理念には、「豊かな教養と誠と信とに徹する人格の陶冶」、「高度の専門的知識と技術の修得」、「人類愛に基づいて社会の福祉・保健医療に寄与し得る人材の育成」が掲げられています。人間尊重の理念に基づく看護に関する高度の知識及び技術を習得し、併せて豊かな教養と人格を有し、広く社会の福祉・保健医療の向上に寄与し得る人材の育成が、本学の目指すところです。

 

看護学科は平成29年度4月1日付で募集停止です。
したがって、看護学科は入学試験を実施しません。

 

専攻科 地域看護学専攻では、次のような人材を求めています。

1.看護の基礎学力を有する人

2.保健師を目指す明確な目的意識を持つ人

3.人間尊重の心を持ち、調和の取れた専門職業人を目指す人

4.積極的に自己啓発でき、社会貢献できる人

 

これらの資質を備えた方を受け入れるために、一般入試(一次・二次)と推薦入試で、学生を募集します。小論文と科目試験で、保健師養成課程で学ぶため必要な基礎的な知識を備えているかを確認します。また、人格的資質やコミュニケーション能力を有することを確認するために、面接を行います。

 

専攻科 助産学専攻では、次のような人材を求めています。

1.女性のライフサイクル全般に関心を持ち、周囲と協力し、学習する意欲がある人

2.基礎的な看護の学力と技術を有し、倫理観や責任感を持って行動できる人

3.生命の誕生に真摯に向き合うことができ、誠実で人の痛みがわかる感性を備えた人

 

これらの資質を備えた方を受け入れるために、一般入試(一次・二次)と推薦入試で、学生を募集します。小論文と科目試験で、助産師養成課程で学ぶため必要な基礎的な知識を備えているかを確認します。また、人格的資質やコミュニケーション能力を有することを確認するために、面接を行います。