岩手看護短期大学

教育・研究

在学生からのメッセージ

講義のなかの経験談が楽しい

登米高校出身

 私は幼い頃から、父の入院 生活の中で看護師さんの姿を見る機会がとても多くありました。患者さまのケアだけでなく、家族の方への心のケアというものが充実しており、私たち家族の不 安の軽減や心のケアも熱心にして頂き、支えられたことを今でも鮮明に覚えています。そんな環境の中で育ってきた私は、人の役に立つ看護師という職業に強い 魅力を感じ、私自身も患者さまだけでなく家族の方への心のケアが出来る看護師になりたいという思いが、看護師志望のきっかけとなりました。
 この 岩手看護短期大学を目指すきっかけとなったのは、高校生の時に参加した看護体験の担当者が、父の入院先の担当看護師の出身校と同じであった事です。夏の オープンキャンパスに参加し、先輩方ひとりひとりが生き生きしており自信に満ちあふれているように感じ、また、四年間で看護師に加え保健師や助産師の資格 も取れるという点は、この大学の大きな魅力の一つだと思いました。大学で勉強や実習する中で看護師だけでなくもっと可能性が広げられる環境があるという事 は、自分の将来を三年間かけて見つけていくという楽しみもあると思います。
 入学して一年が経つ今、とても充実した大学生活を送れていると思いま す。文系を選択していて不安が沢山あった私ですが、基礎から丁寧に教えて下さるので楽しく、向上心を常に持ちながら勉学に励むことができます。また、臨床 経験が十分ある先生方のもと、講義の中で経験談も話して下さるので想像もでき、さらに看護師として働く楽しさというのも教えて頂けます。一年生の時から実 習の機会も多くあるので、講義で習った知識や技術を実際に病院実習で活かせるので勉強したかいがあると感じさせられます。
 看護師を志すきっかけや思いを常に忘れず、卒業まで視野をどんどん広げ楽しく頑張っていきたい、そう思っています。

 

保健師を目指して

本学看護学科出身

 私は今、保健師を目指して勉強しています。保健師は地域の子どもからお年寄りまで全ての人を対象とし、その地域全体を看護する仕事だと学んでいます。私は最初、養護教諭と保健師という職業に興味があったため岩手看護短期大学の看護学科を受験し、地域看護学専攻を目指しました。そんな中、東日本大震災によって被災し、地元の保健師として被災者を支えていきたいと強く思うようになりました。地域看護学専攻のカリキュラムの中には災害保健や心のケアについて学ぶことができる分野もあるため、専門職としての様々な知識も身につけることができます。
 また、母子・高齢者の家庭訪問や健康教育、健康相談などを行い、地域住民と接する機会がたくさんあります。実践に近い形でロールプレイを繰り返し行うため、コミュニケーションや指導の技術を高めることができ、このような場面にも自信をもって臨むことができます。さらに、グループワークがあり、自分の意見だけでなく他者の意見を聞くことで視野が広がり学びが深まります。
 将来的には地元の保健師として働き、地域で生活している全ての人々が一日も早く元の生活を取り戻し、その人らしく生き生きと暮らしていけるよう支えていきたいと思います。一年という短い期間ですが、同じ目標に向う仲間と共に、学びを深め合いながら充実した楽しい一年を送ることができるよう頑張っていきたいです。

 

二つの命と向き合って学習を重ねています

本学看護学科出身

 私が助産師を目指した理由は、幼い頃から助産師として働く母親の姿をみて、いつか私も助産師として活躍したいと憧れをもったからです。また、友人が妊娠した時、出産と育児に対して不安を抱えていた友人の力にもなりたいと思いました。
  専攻科助産学専攻に入学して、一番強く感じたことは、看護学科の臨地実習とは大きく異なり、妊産褥婦及び新生児に直接的に援助ができることで、看護者として の責任をもつことの重要性でした。入学式後の助産学専攻のオリエンテーションを受けた時から、今までのように自分を甘やかすことをしないと決心しました。
  クラスメートには、臨床経験のある方もいて、講義を聴く姿勢や問題を捉える視点も違うので、よい刺激を受けています。助産学専攻の先生方は、臨床経験が豊 富な方々ばかりなので、教科書では分かりにくいことも、事例を提示してくださるのでイメージがつきやすく理解を深めてくれます。
 また、学内実習の時は技術ばかりではなく、助産師としての姿勢についても指導をしていただけるので、臨地実習に向けての動機づけにもなります。
 6月下旬から開始する助産学実習に向けて、講義、グループワーク、学内実習など忙しい時間を過していますが、クラスメートとの結びつきも強まっています。
 この1年は分からないことを曖昧にせず、ひとつひとつ確認して確実に知識、技術を身につけていきます。また、臨地実習でお産に関わらせていただく産婦さんへの感謝の気持ちを抱いて学習を重ねていきたいと思っています。