岩手看護短期大学

教育・研究

専攻科 助産学専攻

女性の幸せにずっと寄り添って

新しい命の誕生を支えるのが、助産師の仕事です。
でもその仕事は、出産前から始まり、子育ての時期を経て、
もっと年を重ねてからも途切れることはありません。
女性の心と体に寄り添い、幸せな人生を見守っていくこと。
助産師という仕事の喜びは、いつまでも続きます。

女性のライフサイクルに関われる助産師の役割


助産学担当
橋本扶美子 教授

少子高齢社会の現在において、生命の誕生に関われる助産師の仕事は、とても素晴らしいことです。助産師は、妊娠中から妊婦と夫に対して両親学級を通して、家族のあり方も伝えることができます。お産後の母親に対しては、母親となる過程を支援し、自分なりの母親としての行動がとれるようにします。また、助産師の役割は、女性のライフサイクル全般にも関わることができます。将来母親や父親になる可能性がある思春期の子ども達に性教育を通して、人としてどのように他の人達と関わることが必要かを伝えることができます。子育てが一段落した更年期の女性や老年期への女性への支援にも関わることができます。これらのことを踏まえて、妊娠、出産、育児の援助や地域の母子保健を担うことができる助産師を育てるべく教育に取組んでいます。
病院での臨床経験が豊富な教員達の具体的な講義内容や演習、充実した講師陣の講義及び臨地実習での経験は、助産師としての基礎を形づくるものとなります。
充実した一年間があなたを助産師として大きく成長させます。共に助産師としての道を歩みましょう。

カリキュラム・ポリシー

すべての女性と家族に幸せを感じてほしいと考え、女性の気持ちを大切にする助産師を育成するための教育体制をとっています。女性のライフサイクル各期で生じる健康問題解決のための援助ができる能力を身につけること

  1. 女性のライフサイクル各期で生じる健康問題解決のための援助ができる能力を身につけること
  2. 妊産褥婦に対して、健康の診断が確実にできる能力を身につけること
  3. 助産過程を通して、産婦および胎児に対して安全で安楽な分娩介助ができる能力を身につけること
  4. 新生児の成長・発達段階の診査及び母体外生活適応への援助が的確にできる能力を身につけること
  5. 乳幼児の成長・発達段階を診査し、母親及び家族に育児支援について援助できる能力を身につけること
  6. 助産師の業務と法的責任を遂行できる能力を身につけること
  7. 助産師の活動に対して、研究的視点からの対応ができる能力を身につけること
  8. 母子の健康を守るために保健・医療・福祉等の関係者と協働できる能力を身につけること

そのために、以下の要件を満たすカリキュラムを編成します。

助産学専攻の特徴

助産学専攻の特徴
経験豊かな講師陣と独自のカリキュラム

各分野のスペシャリストが助産学、診断学の基礎知識をきめ細かく指導。とくに、他に先駆けて環境保健学をカリキュラムに取り入れ、いわゆる地域環境と保健の関係、小さな地域から国際的なレベルまで、様々な環境の違いにおける保健について学ぶことができます。

実践的な知識、技術を学ぶ充実した実習
実践的な知識、技術を学ぶ充実した実習

分娩介助実習では、妊産婦の気持ちを大切に“幸福な体験”となる分娩を支援する知識と実践的な技術をしっかり学びます。役場実習では、両親学級、家庭訪問を体験し、母子の健康、育児支援と地域との連携を学びます。

自主性と感性を育むグループワーク
自主性と感性を育むグループワーク

学生同士のディスカッションを重視した内容が多く、グループワークでは学生の自主性と協調性を育てるとともに学ぶことの楽しさを実感できます。“一緒に学ぼう”を合言葉に、教員との活発な意見交換など、様々な考え方に触れ感性を磨くことができます。

目標に向かって励まし合える素晴らしい仲間
目標に向かって励まし合える素晴らしい仲間

初めての分娩介助で緊張した時、実習でつまずいた時、いつもそばにいて励まし、支えてくれる仲間たち。共に助産師をめざす仲間だからこそ、かけがえのない友情が生まれる…これも助産学専攻の大きな特徴です。

ディプロマ・ポリシー

  1. 女性のライフサイクル各期で生じる健康問題を解決するための援助ができること
  2. 助産学に関する専門知識と技術を身につけ援助することができること
  3. 助産師の業務と法的責任を遂行できること
  4. 母子の健康を守るために保健・医療・福祉などの関係者と協働できること

以上の教育成果を達成できるようカリキュラムを構成しています。本学のカリキュラムを完遂し、各科目を着実に習得することが必要です。そのため所定の授業科目及び単位を履修修得しなければなりません。所定の単位を取得した者には、学士(看護学)取得審査の申請資格が与えられ(卒業した看護師養成所によっては申請資格が取得できない場合があります)、また助産師国家試験の受験資格などが得られます。