岩手看護短期大学

教育・研究

看護学科

心に寄り添う優しい看護を

優しさと強い気持ちを持って相手の気持ちを思いやり、
優しく接すること。
それは看護において、もっとも大切な姿勢です。
優しさを支えるのは、
この人のためになりたいという強い意思です。
知識を深め技術を身に付けるとともに、
患者の立場に立って考え、
動ける看護師を目指しましょう。

知識・技術に加えて、人間理解の能力を養って


看護学科主任
老年看護学担当
相馬一二三 教授

看護師にとって知識・技術が卓越していることは大切ですが、それ以上に大切なことは、患者さんの心の支えとなることです。それは、単に患者さんに心情的に同情を寄せることではなく、患者さんの立場に立って深く考え、観察することです。その時、患者さんに起きている体の変化やそれを抱えている患者さんの心の状態を理解できること。また、患者さんが今までどのような生活を送ってきたのかなど、さまざまな角度から患者さんを観察し、それらを関連づけて「ひとりの人間」として理解できる能力が要求されます。
本学では、多くの専門的な知識・技術を修得し、患者さんに対して安全で安心できる看護が実践できる力を養うとともに、広い視野から人間を理解できる感性や、物事に対して柔軟に対応できる人材育成をめざしています。私達は、将来、皆さんが看護師・保健師・助産師になりたいという夢や希望が実現できるように、「皆さんの可能性」を信じ、サポートしていきたいと思います。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

看護する力

看護学は実学であり、実践する能力を持った人材を育成するため、看護技術はもちろん、患者の心を理解する力、健康や医療に関わる豊かな知識を統合した「看護する力」を身につける教育体制をとっています。

  1. 看護に関する基礎的な知識と基本的な技術を習得すること
  2. 関連学問分野を学び、それらの知識を総合して人間の理解を深め、看護能力を高めること
  3. 看護する中から課題を見出し、看護の質の向上のために常に研究する態度を育むこと
  4. 保健医療チームの一員としての自覚を持ち、主体的かつ協調的に活動できる能力を身につけること
  5. 公共社会の保健・医療問題に関心を持ち、自らの看護の課題として考えていく能力を身につけること
  6. 人間愛を深め、生命の尊厳と人間性の尊重を考えの礎とする、調和のとれた社会人として成長させること

看護学科の特徴

時代に即した行動力を養う
時代に即した行動力を養う

再生医療の発展や患者の権利意識の高揚、医療安全の確保など医療現場の状況の変化に対応して、最新の情報を学外の講師なども交えて講義・演習を展開。生命科学や放射線医療、性差医療、臨床医療などを教育内容に取り入れるとともに、情報収集・発信能力の強化を目的として医療情報科学も導入しています。

ユニークな講義システム
ユニークな講義システム

通常のスタイルの講義に加えて、一方通行に終始しないグループワーク、ロールプレイングなどを積極的に採用。医療現場に潜む問題を様々な角度からとらえ、解決していくプロセスを討議や事例の検討などを通して学びます。3年次では、小グループ編成による卒業研究を実施し、学習の統合を図っています。

看護実践力の向上をめざした教育体制
看護実践力の向上をめざした教育体制

講義で学んだ知識・技術を自ら体験して修得し、対象となる人々と接する基本的な姿勢を様々な場面で学びます。そのために、専門基礎分野と専門分野の担当教員が連携しながら教育に当たっています。また、卒業時までに「看護実践能力の向上」をめざして、基礎看護の技術を土台に各看護学の特殊性を学びます。特に、看護学実習は知識・技術・態度の統合の場で、看護を実践する力を養うために、学生の個性をとらえて個別に対応しています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

  1. 生命の尊厳と人間性の尊重をし、調和のとれた社会人としての姿勢を身につけていること
  2. 看護実践に必要な基礎的な知識や技術が講義や実習をとおして備わっていること
  3. 健康問題に対して科学的な根拠に基づいてアセスメントでき、問題解決に向けて看護実践ができること
  4. 他者の価値観を尊重し、共感的態度で接することでき、倫理に基づき、責任のある行動ができること
  5. 医療に関係する事項について患者や一般の人にも分かりやすく適切に説明できること
  6. 保健医療チームの一員としての自覚を持ち、主体的かつ、協調的に行動できること
  7. 看護する中で、自ら課題を見出し、看護の質を向上する姿勢を身につけていること
  8. 医療・保健問題に関心を持ち、自分達の看護の課題として考える能力を有していること